ヨーロッパへの窓

★★★★★★

Windows to Europe

スペイン スペイン

うさぎの島

La isla de los conejos

エルビラ・ナバロ

Elvira Navarro

エルビラ・ナバロ(1978)哲学を学ぶ。二部作となる『La ciudad en invierno(冬の街)』(Caballo de Troya, 2007)と『La ciudad feliz(幸福な街)』 (Literatura Random House, 2009)、小説『La trabajadora(女性労働者)』(Literatura Random House, 2014)と中編小説『Los últimos días de Adelaida García Morales 』(アデライダ・ガルシア・モラレスの最後の日々)(Literatura Random House, 2016)を出版。ハエン小説賞、トルメンタ賞最優秀新人作家賞を受賞。最新作は『La isla de los conejos(うさぎの島)』(Literatura Random House, 2019)。
2010年、権威ある雑誌「グランタ」により、35歳以下のスペイン語作家ベスト22のひとりに選ばれる。2014年、雑誌エル・クルトゥラルで『La trabajadora(女性労働者)』がその年の小説ベスト10に選ばれる。2019年、バベリア(エル・パイス紙別冊版)で『La isla de los conejos(うさぎの島)』がその年のベスト・ブック10に選ばれる。2020年、『La isla de los conejos(うさぎの島)』でアンダルシア批評家賞を受賞し2021年には全米図書賞のロング・リストに載る。2015年、インプリント『Caballo de Troya』にて編集者として携わる。彼女の作品は英語、フランス語、スウェーデン語、イタリア語、トルコ語に翻訳されている。

国書刊行会より2022年刊行予定の『うさぎの島』より表題作を特別掲載

うさぎの島

エルビラ・ナバロ
宮﨑真紀 訳

- 公開終了 -