ヨーロッパへの窓

★★★★★★

Windows to Europe

ポーランド ポーランド

『ソラリス』より

excerpt from Solaris

スタニスワフ・レム

Stanisław Lem

スタニスワフ・レム(1921年9月12日〔または13日〕ルヴフ〔現リヴィウ〕生まれ、2006年3月27日クラクフで死去)――ポーランドSF最大の作家、哲学者、未来学者、エッセイスト。

ポーランド共和国下院の決定により、本年はレム記念年を祝っています。

レムの作品は、科学技術の発達、人間の本質、知的生命間の相互理解の可能性、宇宙に占める人間の場所などのテーマを取り上げています。ユニークなユーモア感覚に恵まれ、それによって世界中の読者から称賛されています。

彼の著作は40以上の言語に翻訳され、総発行部数は3千万部を超えています。またアンドレイ・タルコフスキー、アンジェイ・ワイダ、スティーヴン・ソダーバーグなどの監督によって、たびたび映画化されてきました。『ソラリス』『インヴィンシブル』『泰平ヨンの航星日記』『電脳の歌』『ロボット物語』などの小説は、SF文学の永遠の古典となりました。

彼は自作の中で、文明の技術的発展のマイナスの影響に警告を発し、その理論的著作と未来予想は宇宙における人類の場所を規定し、人類の運命を予測することに重要な影響を与えています。
9月12日には、国書刊行会から<スタニスワフ・レム・コレクション>第Ⅱ期が刊行開始。9月下旬の『インヴィジブル』を皮切りに、計7冊が発売予定です。
https://www.kokusho.co.jp/special/2021/08/post-17.html

スタニスワフ・レム『ソラリス』
国書刊行会および早川書房(ハヤカワ文庫SF)刊

『ソラリス』より「ハリー」

スタニスワフ・レム
沼野充義 訳

- 公開終了 -