ヨーロッパへの窓

★★★★★★

Windows to Europe

エストニア エストニア

『蛇の言葉を話した男』より

Mees, kes teadis ussisõnu (excerpt)

アンドルス・キヴィラフク

Andrus Kivirähk

1970年生まれのエストニア人作家。2007年発表の本作品は寓話的にエストニアの歴史や政治を風刺し、市場歴代トップ10に入る大ベストセラーとなった。また、フランス語版がケン・リュウ、ケリー・リンク等も受賞したイマジネーション賞を受賞、ヨーロッパ諸国で大きな話題となり、英語版を含め世界13か国以上で翻訳され、大きな成功を収めた。

アンドルス・キヴィラフク『蛇の言葉を話した男』
関口涼子 訳、河出書房新社、2021年6月刊

『蛇の言葉を話した男』より

アンドルス・キヴィラフク
関口涼子 訳

- 公開終了 -